先週の火曜日、我が家に念願の新しい車がやってきたので、
慣らし運転を兼ねて、福島へ一泊旅行に出かけてきました

ちなみに私達夫婦が出かけるときは、大抵が雨降りになり、
今回も例外ではなく雨になりましたというか行きなんて
雨どころの騒ぎではなく大嵐でしたよ・・・

1日目(嵐時々くもり):東北道 西那須野塩原から下道走行
途中国の天然記念物の塔のへつり、大内宿に立ち寄り、喜多方ラーメンを食べて、びーはいぶさんで一泊

ちなみにお宿はじゃらんで予約しました。


塔のへつり 大内宿 大内宿Ⅱ
塔のへつり(左写真):国の天然記念物に指定されている100万年以上かけてできた奇石郡。へつりは、会津の言葉で断崖の事をいうらしい。
大内宿(中央・右写真):江戸時代に宿場町として栄えた大内宿。昭和56年国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定されてから徐々に今日のような町並みによみがる。昼夜の温度差が大きいため、そば作りに適しており、長ネギを箸がわりにして食べる高遠そばが名物。ちなみにうちの旦那さんはそばアレルギーなので、食べると死んでしまいます。茅葺屋根は約20年に一度葺き替えられており、費用はなんと約800万円かかるとか。

まこと食堂さんのチャーシューメン:ガイドブックに長蛇の列が出来るほどの人気店とあったので、わざわざ足をのばして行ってきました。が・・・くー。
びーはいぶさん:去年の12月にオープンしたばかりのきれいな露天温泉付ペンションで、到着後皆さん笑顔で出迎えてくれました。お料理も、きれいな盛り付けで出されてくるタイミングもよく、美味しくそして楽しく頂く事ができました。夜は酔っ払いのお付き合いを頂き感謝ですちなみにこちらのHPは明日からが本番始動とか。

2日目(曇り):レンゲ沼、中瀬沼探勝路を散策→五色沼探勝路を散策→浄土平の吾妻小富士の火口見物→東北道で帰路につく
レンゲ沼探勝路 レンゲ沼探勝路Ⅱ 中瀬沼
レンゲ沼、中瀬沼探勝路(左・中央写真):歩く人は疎らでブナ林の中を歩くのが心地いい。
中瀬沼展望台からの眺め(右写真):晴れていたら絶景だったであろうに。

五色沼探勝路-赤沼 五色沼探勝路 五色沼探勝路-るり沼
五色沼探勝路3.6km:歩きやすい探勝路には8つの湖沼が点在しており、場所により水の色が変わる。コバルトブルーの水面は魅力的。
浄土平-吾妻小富士の火口
吾妻小富士の火口を望む:浄土平(標高1580m)からすぐ近くに吾妻小富士へ(標高1707m)上るコースがある。今噴火したらひとたまりもない
テーマ:写真日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可